『劇場版オトッペ パパ ・ドント・クライ』 NEWS

アーカイブ:2021年6月
2021.06.28
コメント

10月15日(金)公開『劇場版オトッペ パパ・ドント・クライ』

彗星ウタウーネの女王・ウタウーネ16世役を、藤原紀香さんが演じることが決定!
コメントが到着しています!

 

藤原紀香/ウタウーネ16世役

オトッペの人気の秘密は、子どもたちだけでなく親御さんたちの心にも深く響く心温まる魅力的なストーリーと、素晴らしい音の数々、そして個性的なキャラクターたちがとにかく可愛く目が離せない♡ところだと思います。
そんな オトッペ初のミュージカル映画!に参加できることはとても嬉しかったですし、以前『シュレック』のフィオナ姫の声を10年つとめさせていただきましたが、ずっと声優としての活動や歌の仕事がしたいと思っていたので、今回のオファーはまさに!宇宙にものぼる気持ちでした☺︎
沢山の方たちに喜んでいただけるよう、台詞も歌もノリノリで〝彗星ウタウーネの女王・ウタウーネ16世〟をつとめさせていただきました。
そして、劇中の最後に流れる〝パパ・ドント・クライ〟という映画のタイトルにもなっている大事な楽曲を歌わせていただけることになり、音楽プロデューサーの吉田ゐさおさんから「この曲は女王ウタウーネとしてではなく、紀香さんの素のままで歌ってくださいね」なんて、なかなか難題な(?!)テーマを与えられ、歌わせていただいた思い出の曲です^_^

オトッペの世界観はすべてが特別で、その作業は 私にとって幸せであり、かけがえのない時間となりました。あれから脳内にずっと素敵な音が流れていて、今でもパパドントクライ〜♪や、スイスイー♬など、口ずさんでいます(笑)
『劇場版オトッペ パパ・ドント・クライ』是非、ご家族で観にいらしてください。劇場でお待ちしています^_^

 

 

あわせて、飯塚貴士監督から、藤原紀香さんご出演についてのコメントも届きました!

監督:飯塚貴士
音楽担当の吉田ゐさおさんから、「ウタウーネ 16世は藤原紀香さんにオファーしてみませんか」というご提案を伺って、“フィオナ姫”に!?と胸が高鳴りました。藤原さんの近年の舞台やミュージカルでの演技や歌唱を改めて拝見し、演じていただきたい気持ちがどんどん大きくなっていったのを覚えています。
繊細に、時に力強く、そして何よりも “楽しんで” 演じてくださった藤原さんの “ウタウーネ16世” 、ぜひ楽しみにして下さい!圧巻の歌唱力と表現力です!

 

 

藤原紀香さんのインタビューも、本サイトで公開しています。

是非、チェックしてみてください!

©2021「劇場版オトッペ パパ・ドント・クライ」製作委員会 
©NHK/オトッペ町役場