『劇場版オトッペ パパ ・ドント・クライ』 NEWS

カテゴリー:コメント
2021.04.14
コメント

10月15日(金)公開『劇場版オトッペ パパ・ドント・クライ』声の出演者一挙解禁!

みなさんからのコメントが到着しています!

 

斎藤 工/ラララッタ大臣役

戦友である飯塚貴士監督作品、劇場版オトッペに参加させて頂ける事、心から嬉しく思います。しかし、私の音の出し方を熟知されている飯塚監督だからこそ、”まさか”な感じの収録になりました。本人でも本人と気付かない声色だった記憶がありますので、耳で探してみて頂けたら嬉しいです。
是非ともオトッペの”音”や”リズム”を劇場で浴びながら、楽しい時間を過ごして下さい。

 

渡辺 江里子/スイスイ・エリコ役  木村 美穂/スイスイ・ミホ役 (阿佐ヶ谷姉妹)

やりました!オトッペ映画化!いつもよりはるかに壮大なスケール、かわいらしさもより増し増しで私達姉妹もメロメロでした〜。今回の役は私達にどことなく似ていて嬉しかったです。
最初、試しに5パターン位声を変えて演じてみてもらえますかと監督に言われ、まず姉が挑戦してみたのですが、結局どれもイマイチでいつもの声になりました。みほはどれも全然変わらなかったので、そのままでいいと言われました。劇中曲にも少しだけ参加させてもらいました。ノリノリで歌ったのでそちらも聞いて頂きたいです。
パパやママはもちろん、パパやママじゃない方も、ハラハラワクワクウルウルが止まらない映画です。
ぜひ、見に来てね〜♪

 

MoeMi/スイスイ・ヴァンガード役

わたしは3歳の頃からピアノをやっていたり、子ども供の頃から合唱をやっていて、常に音楽が近くにあったので、「オトッペ」への出演のお話を頂いた時、音楽が楽しく散りばめられている作品に携わらせて頂けることがとても嬉しかったです。
スイスイは「スイ」と話すのですが、色んな感情を込めた「スイ」を堪能して頂けたらと思います。また、もともと歌う予定はなかったそうなのですが、収録現場で急遽歌わせて頂くことになり、スイスイとして歌にも参加させて頂きました。スイスイたちの歌にもぜひ注目して頂けたらと思います。
映画の内容は、くすっとしてしまう部分や、ハッとさせられる部分、ジーンとくる部分など色々な要素があります。ぜひ、子どもから大人まで、それぞれの受け取り方で楽しんで頂けたらと思います。

 

福田充徳(チュートリアル)/フクビ―役

オトッペは最初息子が見ていて、見てる間に気付くと自分の方がハマってしまいました。
魅力は「これホンマに子供に伝わってるか?」と思うようなシニカルな笑い、そして1番好きなキャラクターは勿論、私・福田演じるフクビーです。
劇場版オトッペにフクビーが出るなんても~感動です。正直なんの活躍もしませんが、数少ないフクビーファンの皆様、スクリーンに映るフクビーの勇姿を是非劇場で御覧ください!

 

インタビューも本サイトで公開しています!

是非、チェックしてみてください!

2021.02.25
コメント

超特報解禁とともに、
主演を務める ウィンディ役の井口裕香さん、シーナ役の久野美咲さん、リル役の稲垣来泉さん、
ウエスティ役の西島秀俊さん、飯塚貴士さん(監督)、向田邦彦さん(脚本)、吉田ゐさおさん(音楽)からのコメントが到着!

 

井口 裕香/ウィンディ役

なんと!オトッペがついに!映画化です!しかもミュージカル映画です!!びゅびゅ〜!!??!そしてウィンディが主役!!!?びゅわ〜!!!!!
驚きと喜びの連続です♪
番組開始から5年、本当にうれしいです。ありがとうございます。
大きなスクリーンで表情をコロコロ変えて、くるくる飛び回ってみんなをたのしませてくれるウィンディを、大切に演じさせていただきます。
映画を見終えたみんなが笑顔いっぱいになってくれると良いなあ。
思わず口ずさんでしまうお歌もいっぱいあると思います!お楽しみに〜!

 

久野 美咲/シーナ役

たくさんのお子さん達にオトッペを観てもらいたいと思いながら、今までアフレコをしてきたので、映画になって本当に嬉しいです。ウィンディがどんな活躍をするのか、今からとても楽しみです。
この映画を通してたくさんの方たちにオトッペを知ってもらえたら嬉しいです‼︎

 

稲垣 来泉/リル役

6歳の時、テレビで「オトッペ」をみてすぐに歌が好きになって「ウキウキオトッペ」をたくさん歌いました。
物に音があることを知って、アプリで家の中のオトッペを探して、どんな音がするんだろう?と、初めて聞く音もあって感動していました。
オトッペタウンに行ってみたいと思っていたので、リルちゃんとして夢が叶ってとっても嬉しいです。
とってもわくわくしています。
オトッペの1度きいたら歌っちゃう音楽や歌がだいすきなので、映画館で観れるのもとっても楽しみです。

 

西島 秀俊/ウエスティ役

ついにオトッペが映画化!とても喜んでいます。
独特の世界観、そして一筋縄ではいかないキャラクター達がスクリーンでどんな冒険を繰り広げるのか。
きっと素敵な作品になります。
スケールアップした劇場版オトッペで沢山の子供達が楽しめるよう僕も全力で挑みたいと思います。

 

監督:飯塚 貴士

これまで僕自身TVシリーズの脚本やエンディング、YouTube用映像など色々と関わってきたオトッペ。その劇場版の監督を任せてもらえた喜びと緊張で武者震いが止まらぬ日々を過ごしています。
大変なご時世の今だからこそ、とにかく明るく楽しく、時々ちょっと不思議なオトッペらしさ溢れるミュージカル映画をお届けできる様、スタッフ一丸となって全力を尽くしております。
楽しみに待っていて貰えましたら幸いです!

脚本:向田 邦彦

皆でたくさん愛情を注いで育ててきた「オトッペ」が映画化される事になり、こんなに嬉しい事はありません。劇場版ではテレビ版でなかなか描ききれない大きな物語にチャレンジしています。しかも歌と笑いが盛りだくさんのミュージカル!この映画を、全てのオトッペファンとそうでない方、そして、たくさんのパパとママとこどもたちに届けたいです。

音楽:吉田 ゐさお

「降っている雪は丸くない!」幼い頃、母に手を引かれ、人生初めての映画(アニメ)を観た、私の感想です。
最近なぜか、子供向けの作品を担当させていただく機会が増えまして。言われることがあります「お子さんでもわかるように、、、」ん?でも?子供の理解力をバカにしちゃぁいけません。その無限の可能性に勝手にリミッターかけてるのはあなた達大人です。私も子供の目線なんか持ち合わせてはいませんが、バカにもしていません。純粋に自分がイイと思う本物を届けています。あの時「雪は丸くない」と言った少年を裏切らないために。

©2021「劇場版オトッペ パパ・ドント・クライ」製作委員会 
©NHK/オトッペ町役場